ケアの大切さ

医者

「歯科医院に行くのはむし歯になったとき。」という人も意外に多いのではないでしょうか。むし歯に侵されてしまった歯が痛むようであれば、症状はかなり進行しているかもしれません。 ほとんどの人が何らかの異常を感じてから歯科医院を訪れるのでしょうが、それではもう遅いのです。 むし歯や歯周病を未然に防ぐためには、歯科定期健診を受けるのが一番です。定期的に歯科医院で診察してもらうことにより、ひどくならずにすむのです。 わたしたちは、健康診断は当たり前のように受けますが、歯科健診はほとんどの人が受けていないのが現実です。日本人は、欧米人に比べると歯の健康に対してあまり関心のない人が多く、むし歯になってもあまり深刻にならない人が多いのです。

定期健診を受けるメリットはどこにあるのでしょうか。 それは、歯や歯ぐきの様子をチェックしてもらうことにより、もし異常があったとしても初期症状なので、ひどくなる前に治療することができます。 そして磨き残しがあるかどうかチェックしてもらえるので、自分がどの部分を重点的に磨けばよいのかがわかります。 また、歯石除去や歯のクリーニングをしてもらうことにより、きれいな状態の歯を保つことができるのです。 定期健診は、3カ月に一度のペースで受けるのが良いとされています。しかし、なかなか時間の都合で、歯科医院に行けない人も多いでしょうから、半年または遅くても1年に一度は定期健診を受けるようにしましょう。歯に対する意識も変わります。